先日、お友達とチャットしまして…

彼女は私より2つ上だけれど、子どもは一人っ子で12歳の女の子。

「いいわよね~、兄弟がいるのって。」と言われ、

「まだ私たちの年齢は若いわよ!産んだら?」と言ったら、

「次の子を娘と同じくらいに愛せるか不安で、産めないままなのよ」と。

失礼な話だけれど、兄弟を同じように平等に愛せるものなの?と

聞かれた。

私も2人目妊娠中はそれを心配したものです。

上の子だけ、または下の子ばかりかわいがってしまったら、どうしよう?!と。

3人産んだまだまだ少ないママ経験としては、

母の愛は1つしかないわけではなくて、数えれるものでもない、

分け合わなければいけないものでもない。

泉のように次から次へと湧き出てくるから、

それを子どもたちにあげればいいのよ~と。

母乳と一緒で、量は気にせず、欲しがるだけ与えられる、

それが母の愛なのよ。

「素敵な例え」と喜ばれた。

問題は、子どもが増えるにつれて、私の仕事量が増えすぎて

許容量を超えて、たまに限界がくることでしょうか。

「修行中なのよ…」と言うと、

「どこのママも似たり寄ったりよ。」と。

それはさておき、子どものゲーム、どう制限かけてる?

本よりゲームとか言い出すのよ~、

その上、夫が娘には甘いしね~と。

「全く一緒よ!!」と言い合ったの~とママ友トークの内容を夫に語った。

どこも一緒ね~と私が夫に言うと、

「っで、誰のママ?」と聞かれた。

「モビちゃんのママ」と答えたら、夫はわからなかったようで

「誰?」と聞くので、

「イランのママ友。」と言うと、予想外だったようで、驚いていた。

イランのママも子どものゲームのやりすぎに頭を悩ませてましたよ。

どこのママも子どものゲームし過ぎには頭を悩ませていて、

いかに制限をかけるかがよく話題に上る。

子どもの写真の交換に始まり、私たちの写真の交換もしました。

イスラム教の女性で初めてヒジャブしてない女性の写真を見た!

肩までの髪で、アイラインがっつりのアラブ系のお化粧でした。

(髪が長いとヒジャブがもこもこするから、とトルコの友人も

ヒジャブをするようになってから、ばっさりと髪を切ったらしい。

30を過ぎて、ヒジャブをするようになった理由を尋ねたら、

「神が求めるから!」だそうな。)

「子ども産んでから太ってね~」という話をしたら、

「私は料理もお菓子作りも上手なのよ。ファストフードも好きよ。」と

イランで同志に会えました。

味見した結果よ~、痩せたコックより太ったコックのほうが

料理はおいしそうに見えるってもんよ!と。

「知り合って、1週間未満なのに、古くからの友人のように感じるわ。」

と告白までされてしまいました。

いや、本当に。

「イランの人とそんな話をしたの?」と

夫に驚かれるほど下世話な会話をしてしまいまして、

「率直に聞くけれど…」と言えば、何を言ってもいいのか?!と

いうような会話をイランの女性とするとは思いませんでした。

1年文通しても、いまひとつ仲良くなれない人もいるというのに

やっぱり相性はあるんですねぇ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村